仕事

転職活動に疲れた30代へ。成功のための見直しポイントと4つの注意点!

投稿日:

転職活動に疲れた30代へ。成功のための見直しポイントと4つの注意点!

転職活動を進めてなかなかいい結果が出ない状態で疲れた30代になっていませんか?年齢が原因ではなく、転職活動方法に問題があったとしたら。転職活動の方法をもう一度見直し成功を導く方法をみつけていきましょう。

スポンサーリンク






転職活動に疲れた30代の転職活動の見直しポイント

転職活動を、スムーズに進めるためにはポイントがいくつかあります。ポイントをおさえながら効率的に転職活動を進めていきましょう。

  • キャリアプランを明確にする・・・具体的な今後のキャリアプランを考えておくことです。女性の30代はライフプランにも変化が起きる人が多い世代です。可能性があるのであれば、それらも踏まえてキャリアプランを考えておきましょう。
  • スキルの確認、見直しをする・・・年齢相応のスキルと経験は企業側の採用重要ポイントになることが多くあります。専門的なことまたは特定の分野での実務経験や資格などを今一度見直してみましょう。
  • 自分の経験や専門性を中心に転職先を絞ってみる・・・即戦力が求められる30代の転職は、これまでの経験や知識が発揮できる業界、職種であれば成功しやすいといえます。

効率の良い転職活動

 時間に追われることが多い30代の転職活動はできるだけ効率よくおこないましょう。
そのためのポイントをご紹介していきます。

  1. ツールの有効活用・・・ハローワークや転職サイトなど転職活動は、できるだけ多くのところを利用して、情報を集めましょう。
  2. 志望する業界や職種の情報は細かく集める・・・ある程度志望する業界や職種がある時はできるだけ細かくチェックしましょう。情報収集のために業界の説明会やセミナーに時間があれば参加してみることもいいでしょう。
  3. 転職エージェントを利用・・・思うように転職活動が進まない場合には、転職エージェントを利用してみましょう。転職サイトや、ハローワークではわからない希望先の情報、状況などを聞くことも可能です。

求人はもちろん、履歴書の添削、面接のチェックなど、あらゆる転職活動のアドバイスを、そのひと、その人に対応してくれます。(利用は無料です)

30代の転職活動での注意点

転職活動を進めていくために気をつける点があります。活動を進めている間や、活動前に確認をしておきましょう。

  1. 企業のニーズを知っておく・・・求人内容(募集要項)に「未経験者可(歓迎)」と最初に記載があった場合、企業は若い(20代~)人材を希望していることが多いといわれています。
  2. 「経験者求」の記載があるものを。そのほかにもどんな人材を求めているのか把握することが必要です。

  3. スキルや実績の見直し・・・経験者を求める企業は、年齢に相応のスキルや実績があることを特にみるポイントになります。スキルや今までどんな実績があるのかを記載、説明できるようにしておきましょう。
  4. 自分の能力を過信しないこと・・・スキルが高くて過信しすぎないこと。自己アピールを間違ってしまいますと、印象を悪くしてしまいます。年齢があがるにつれ多い傾向と言われています。
  5. 履歴書の書き方、面接のやり方を見なおしておくこと・・・転職活動の基本的な部分がおろそかになり、不備のある履歴書や説明不足な面接などでになることも。転職エージェントに添削や確認をしてもらいましょう。
スポンサーリンク



まとめ

転職活動に疲れてしまった場合、30代だからとスムーズにいかないことを年齢のせいではなく、転職活動の方法を変えてみることが必要だということがわかりました。
ライフプランでも変化が起こりやすい30代は、その変化もいれてキャリアプランを考えておくが必要です。(可能であれば5年くらい)

30代に企業が求めるものは、「即戦力」です。それに伴うスキルや実績をきちんと説明できるようにしておくことが必要です。

転職活動は20代より30代の方が期間が長くなることもありますが、それはみなさん同じです。焦らず、不安なことがあれば「転職エージェント」を上手に利用し、不安を解消していきましょう。
忙しい30代の転職活動には心強いサポートです。

納得のいく転職ができることを願っています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-仕事

Copyright© 10記事書くまで寝れま10 , 2019 All Rights Reserved.